google

コンテンツ

最近のトラックバック

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月30日 (月)

アメリカ産カリフラワー

アメリカ産カリフラワー
昨日は意外とよい天気だった札幌。このまま春かなと思って天気予報をみてみたら、今日も雪の予報。さら春らしくなるには4月からのようですね。

さてさて今日の市場はと、、、う〜ん、めぼしいものが相変わらず少ない。あ、そうか、月末なんですものね。こうなると今日、明日は品物を抑える傾向になるんですよ。さらには年度末にもなるんですものね。天気と一緒で4月からかな、活気が戻るのは、、、。

ってなことを勝手に思って歩いていたら、目に飛び込んできたのは、鮮やかな3色のカリフラワー。輸入物なんですけど、これは目を引きます。なんだかウキウキする気分になる色合いです。

こういう物を道内、いや国内でも作る人はいないのかなぁ。絶対受けるような気がするんですけどね。ぜひとも生産者の方々に頑張ってほしいところです。

2009年3月28日 (土)

富山産ほたるいか

富山産ほたるいか
今日も寒い札幌。これを乗り越えて、来週になると暖かくなる予報です。来週はもっと春らしい感じになるでしょう。

さて今日はなんとなく富山の有名なほたるいかを写してみました。というのも昨日茹でたものの試食があって、やっぱり美味しかったもので(笑)。

旬は4月から1ヶ月ぐらいらしいですが、今年は向こうの方は暖かいんでしょうね。結構な量がとれているようです。

まぁ私としては味もさることながら、やはりあの青白く海が光る幻想的な漁を一度はみてみたいです。

2009年3月27日 (金)

熊本産たけのこ

熊本産たけのこ
昨晩は雪が積もった札幌。今朝はそれが凍り、久々の冬道、それもミラーバーン。こういう道は運転に神経を使います。でも朝日は春らしい陽射しとなっています。きっとすぐに溶けるでしょう。

さて今日も春らしい食材、たけのこです。もちろん北海道ではこんな立派な物は取れません。熊本から運ばれてきたものです。前に中国産を紹介して、国内物がないなぁなどと思っていましたが、やはり時期がまだ早かったのですね。今はすべて国内物になっています。

私はあまりたけのこ自体を味わう事は少ないんですけど、いつかはテレビで見た、このままをまるごと焼いて食べると言うものをやってみたいです。もっと欲を言うと、産地に行って、取れたての刺身と言うのもやってみたいけど、こちらはちょっと夢のままで終わっちゃいそう。だって、そこまでの休みはとれそうもないですからね。

2009年3月26日 (木)

カタクリ

カタクリ
今年の天気はどうなっているの、、、って言うぐらい冷え込んでいる今週の札幌。まぁ積雪が少ないだけましかな。それにしても風の強い日も多く、休市明けだと言うのに魚がまるでない状態。こんな日に市場に来ても、なんか寂しくなっちゃいます。こんな天気は今週いっぱい続くそうです。

さて今日は寒いながらも春を感じさせてくれるものとカタクリを写してみました。でもまだまだ花が咲くような状態には見えませんね。ま、食べるならこれぐらいがいいのかも知れませんが、、、。

私自身はカタクリは食べたことはありません。普通の家庭でも買ってまでって感じだと思います。旬な物を扱う料理屋さんみたいなものが家の側にあれば出てくるかも知れませんが、あいにく私の家の側にはそんなコジャレたお店はありません(笑)。

2009年3月23日 (月)

富良野産アスパラガス

富良野産アスパラガス
早いもので3月ももう下旬。お彼岸も卒業式シーズンも過ぎて、次は入学式。ただこの年度末を迎えた時期は、食品業界はそんなに忙しいと言うわけではありません。いや、外食とかちょっと高級なものなら忙しいのかな?でも普段の食事に使う食材となるとまだまた節約状態です。

という感じで普段と変わらない市場を歩いていたら、なんともう道内物のアスパラが出ていました。と言っても全部で30箱ぐらいでしょうかね。

私はアスパラガスは大好き。茹でても焼いてもとにかく美味しい。でもさすがにこの時期のアスパラは高くて手が出ないです。美味しそうな色をしていますが、、、。

値段的に一番の狙い目はハウス物と路地物が混ざって出てくるシーズン。まぁ夏に近いんですけどね。今はまだよだれを垂らしてみているだけにしておきます。

2009年3月21日 (土)

枝幸産毛蟹

枝幸産毛蟹
昨日は春分の日、長い冬が明けようかと思ったら、雪模様の札幌。この時期の天気は本当に変わりやすいですね。今日は幾分よい天気のようですが、また来週からは雪がちらつくような予報です。

さて今日はオホーツク海の毛蟹がかなりの量、入荷されていました。オホーツク海側の毛蟹は流氷が運んでくる栄養のおかげで、この春の時期、身がびっちりと入りとても美味しくなります。私はこの時期の毛蟹が一番好きです。

今年は流氷も早く去り、漁も多分活発なのでしょう。ただその分、流氷が運んでくる栄養も少なくなる心配もあるような気もします。

ま、今のところは目に見える影響は少ないみたいです。写真に写したのは800グラムはある大物。今年は不景気の影響もあり、値段は低め。先行き不透明でなかなか奮発と言うわけにも行きづらいところですが、こういう時こそ美味しい物を食べて鋭気を養うのもいいと思います。

2009年3月19日 (木)

青森産やりいか

青森産やりいか
昨日は気温が上がったわりには風が強く、体感的には寒かった札幌。でも雪はかなり溶けた模様で、私の家の周りもだいぶなくなり、雪の下から冬の強風で飛ばしてしまった空缶がでたりでてんやわんやです(笑)。今日も気温が上がりそう。これで陽射しがでると言うことなしなんですがね。

さて今日は水産物からやりいかです。やりいかは身が柔らかくて食べやすいのが特徴。特に春のものは一段と柔らかく感じます。熱を通しても固くなりにくいので色々な料理に使えますね。もちろん刺身でもいけます。

やりいかは道内ではギリギリ函館でとれるかとれないかと言うもの。だから地物としては無理があるけど、美味しい物には国境はないですよね。って普段地産地消って言っているのに、、、(汗)。

2009年3月16日 (月)

余市産みず菜

余市産みず菜
天気が悪いと言いつつも、雪は確実になくなって来ている札幌。少しずつ春らしくなっていますね。でも市場の水産物はまるで真冬の様相。風が強すぎてまともに漁ができていないんでしょう。それにしても少なすぎます。

そんな水産を横目に、青果の方へ回ると、こちらは少しは春らしい物へとシフトしてきていますね。まぁ、まだ葉ものが中心ですけどね。今日はその中からみず菜をチョイスしてみました。

みず菜は鍋等に合うせいか真冬から出回っています。が、道内物はこれからと言った感じ。大体は道南方面と伊達付近の物が多いですけど、これは余市産。菜っ葉物では後発ですけど、その分海洋深層水を使うという付加価値を付けて頑張っています。

食べ比べたことはないけど、あっさりしたものだけに意外に味に差があるかもしれませんね。私としては濃いめのドレッシングで食べちゃうからあまりこの差は感じにくいと思います(汗)。

2009年3月14日 (土)

比布産みつば

比布産みつば
朝から雨の札幌。この時期の雨は雪を溶かす雨で、何となく春が早まる感じで嬉しいもの。でも今日は夕方からは雪に変わり、また冬に逆戻り。なんとももどかしい季節ですね。

さて今日は道内の葉ものから比布のみつばを選んでみました。今の時期は東神楽のものが一番多いかな。でもどちらも道内では寒い地域の方。栽培するには費用も苦労もかかるでしょうね。

私はみつばの清々しい香が大好きです。料理にちょっと添えられる事の方が多い食材ですが、安くなったらそれこそ牛みたいにモシャモシャと食べてあの香を存分に味わうのが私の好きな食べ方です。

2009年3月13日 (金)

千葉産グラパラリーフ

千葉産グラパラリーフ
今日は暖かくなる予報の札幌。でもまたまた天気は下り坂。今日から明日にかけては雪の予報です。

さて今日はぶらぶら歩いていると見慣れない物が目につきました。グラパラリーフと言うもの。なんでもカルシウムがとれるらしいんですが・・・。うーん全くわからないなぁ(汗)。こういう時はネットで調べてみます。っと、どうやらカルシウムとその吸収を助けるマグネシウムが多く入っているんだとか。だから葉っぱ4枚ほど(大きさは高さが中指ぐらい、幅は指2〜3本ぐらいかな)で牛乳コップ1杯分のカルシウムをとれるのだとか。見た目は月桂樹みたいであまり食べられるようには見えないけど、柔らかく食べやすいんだとか、、、等々色々な情報が出ています。

最近はこのような新食感で機能的な葉ものが増えてきていますね。テレビとかで良く紹介されるのを見かけます。が、問題なのがほぼこういう物は手軽に手に入る事はないということ。ネットとかの通販じゃなきゃ、北海道ではまず手に入れることは出来ません。更には高価であ
ること。こんな10枚も入っていないような葉っぱに小売りだと300円以上は確実にするものなんてまず買わないでしょ?結局裕福な人達が楽しむ物になっているんじゃ、流行らない気がするんですけどね。

ま、見かけたら話のタネに試してみるのもいいかも知れません。

2009年3月12日 (木)

伊達産ほうれん草

伊達産ほうれん草
今朝は昨日からの雪が降り積もり、季節が逆戻りしたかのような札幌。まぁこれがいつもの冬の終わりの姿。去年は3月に雪が全く降らなかったから、何となく違和感がありますけどね。来週にはもう春分の日が来ます。暑さ寒さも彼岸まで。もうすぐ本格的な春が来ますね。

さて、本格的な春の前にようやく道内からも葉ものの野菜が出てきました。伊達産のほうれん草です。もちろんまだハウス物ですけどね。

やっぱ長旅をしてくる物より近場の物は美味しく感じるもの。これがでてくると、どんどんと道内の魅力的な野菜も増えてくるでしょう。

2009年3月 9日 (月)

知内産たらの芽

知内産たらの芽
今日は昨日に引き続き暖かい予報の札幌。日も長くなり、ようやく長い冬が明けた感じになってきましたね。

さてさて、では春らしいものと写してみたのは、たらの芽です。ニラで有名な知内産。多分道南の方はもう雪もなくなっているんでしょうね。

食べるならてんぷらかな。ちょっと遅くなってきた夕暮れの時間。こういうものでもつまみながら、ゆったりとお酒を飲みたい気分です。でも我が家では小さい赤ちゃんと小学生の子供に挟まれて、ゆったりとした時間なんてないんですけどね。

2009年3月 7日 (土)

ゲンゲ

ゲンゲ
昨日は雨だった札幌。予想通り雪解けは進みましたが、予想外だったのは風。凄い強風で、トラックを運転していますが、初めてひっくり返るんじゃないかと思ったほどです。そして今朝は雪が降ってきました。本当に春の天気は変わりやすい。

さて天気は荒れて来ていますが、魚の方はとりあえず一昨日まで穏やかだったので結構な量が出回っています。その中で目についたのは、ゲンゲと言う魚。産地はわからなかったのですが、大きくて、脂がのっていそうです。この魚はゼラチン質でコラーゲンたっぷりって感じ。柳川風な鍋にしたり、唐揚げなんかがいけるそうです。

ただ、北海道ではあまり評価が高くない魚で、値段がついていないに等しいです。ネットを調べると富山辺りが一番情報が多いですね。幻魚と書いてゲンゲと読むそうです。

2009年3月 6日 (金)

瀬棚産本マス

瀬棚産本マス
朝はまだ冷えている札幌。でも今日は気温が上がり、雨が降る予報です。雪解けが進みそうですね。さて今日は魚の方から、本マスの美味しそうなのがあったので写してみました。

本マスは春に川に遡上する魚。桜の咲く時期には脂も一番乗って、別名桜マスとよばれて重宝されています。食べ方は私は塩を塗りこんでしばらくおいた塩焼きが好きですけど、煮付けも脂が乗って美味しいと思います。ただマス独特の匂いが有るので、それが苦手な方はあまり美味しく感じないかもしれません。

桜の開花予想が出ましたが、今年は全国的に早いそうです。だからこのマスも少し旬が早くなるかもしれませんね。

2009年3月 5日 (木)

釧路産ふきのとう

釧路産ふきのとう
3月に入っから比較的穏やか天気になっている札幌。でも朝晩の冷え込みはまだキツい時も多く、我が家では体調を崩す者が続出。かみさんなんて授乳中なのに明らかにインフルエンザにかかった模様。授乳中は薬も飲めないものが多いから厳しい子育てになってしまいました。皆さんも気をつけてください。

さて今日は休市明けの市場。天候が穏やかめなので魚も多い。でもまだまだ冬の魚中心で大きな変化はない感じかな。特別写すものも見当たらずに青果まで来てみたら、春らしくふきのとうがでていました。釧路産です。道東の方は既に雪も溶けているのかな。

そういえば釧路川には野性のラッコが入り込んで大にぎわいになっていますね。やっぱり北海道は自然が魅力。こういう事が度々あるともっと景気も良くなるんでしょうけど、自然相手じゃ都合良く行かないのが悩ましいところです。

2009年3月 2日 (月)

辛みそ焼きそば

辛みそ焼きそば
目が覚めると結構な雪が積もっていた札幌。今はいい日射しで明るい朝になっています。でも今日は雪が降ったり止んだりの予報で寒さも厳しいです。春の気温は三寒四温というけど、今年の北海道は1日ごとに寒い日と暖かい日が交互にくる変わった天気です。

さて、今日何気なく見つけたのは焼きそば、それも辛みそ。毎日寒い日ならラーメンの辛みそなんて体が温まりそうでいいですけど、こういう風な1日ごとの天気ならこの焼きそばはかなりマッチしそうな感じがします。

でも結局こういう変わったものってブレークしないまま姿を消してしまうことが多いんですよね。今回限定になりそうなので、見かけたら試してみてください。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

facebook

  • facebookページ
    facebookに登録している方はこちらのページを「いいね!」すると便利だと思われます。

北海道食材検索

アクセスアップリンク

無料ブログはココログ