google

コンテンツ

最近のトラックバック

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月29日 (土)

鏡餅

鏡餅
11月最後の市場。今年も後1ヶ月余りとなってしまうんですね。なんだか実感が湧かないなぁ。歳をとったせいなのか、それとも世の中の雰囲気がそうなってしまったのか、、、。それでも市場の中ではお正月に向けた鏡餅なんてのもでてきました。

ま、今では主流のパック入りですけどね。上の橙も作り物。それでも写真に写した物は中にビッチリ餅が詰まっています。今では中には更にパックされた切り餅が入っているものがメインになりつつあります。

こんなのでは風情がないと言うのは確かなこと。でも最近ホームセンターに行くと臼が並べられているんですよね。多分、私と同じく風情を感じなくなった人が買い求めるのでしょう。それに輪をかけて景気の減退観測から、慌ただしくも合理的に動いていた人が、昔ながらのちょっとスローライフの動きにシフトしてきていることも考えられます。

不景気でお金の心配は付き物ですが、逆に人の精神自体は向上するような気がするのは、私の考えすぎでしょうか?

2008年11月28日 (金)

マグロコロッケ

マグロコロッケ
なんだかほんわかと暖かく感じる今朝の札幌。先週が寒すぎたのであって、この気温が平年並みなんでしょうね。ただ天気は安定していますが、イマイチ市場の中は元気が無い。というのも月末だからかな?まぁ来週になれば御歳暮やら年末年始の需要で活気が戻ってくるでしょう。

さて何気なく場内をうろついていると、マグロコロッケなるものを発見。業務用っぽいですけどね。マグロでコロッケ、、、意外に合いそうですね。マグロは肉に準ずる扱いができますからね。

作ったところは、北海道ではちょっとは名前が知られているサンマルコ食品というコロッケメーカー。北海道ローカルのテレビでちょくちょくコマーシャルが入るので聞いたことがある人も多いと思います。北海道のじゃがいもを使っているという安心感から根強い人気があるようです。

2008年11月27日 (木)

市民の台所 さっぽろ朝市

市民の台所 さっぽろ朝市
知る人ぞ知る(当たり前か)市場から一番近い場外、マルカ食品卸売りセンターが、本日より名前を変えて「市民の台所  さっぽろ朝市」として新装オープンです。と言っても中身は全く変わっていないですけどね。

もともと場所がら誰でも入れるはずなのに市場の関係者の方が多く、一般の人はあまり入ってこないところです。これまでにも何回か新聞にチラシを入れたりしましたが、あまり反響はなかったのです。が、今回は名前まで変えて、特売品も用意してと本腰を入れている感じです。

ここ数年でこの中のお店もだいぶ様変わりしました。というのも業者も在庫を持たず少量小分けで買う人が増えてきたのです。だから一般家庭でも使いやすいサイズの商品がかなり増えていました。そこで思い切った今回の名称変更としたわけですね。

場外というと観光客相手のぼったくりの印象を持っている人もいるかとは思いますが、ここのメインはあくまでも業者相手だから、値段はかなり適正だと思います。新聞にもチラシが入
っていると思うので、ぜひこの機に来てみてください。ちなみに市場の中も見ている私がおすすめするのは、厚田・浜益のハタハタ。月末要因もあって今かなりお買得だと思います。

リンク→市民の台所 さっぽろ朝市

2008年11月25日 (火)

和寒産レッドキャベツ

和寒産レッドキャベツ
今朝はグッと冷え込んだ札幌。天気は良さそうなので、これは放射冷却とかいうやつですな。市場の中も例外なく冷えていて、みんなストーブのまわりから離れません(笑)。日中は温度が上がって、2〜3日暖かくなるそうなので、冷え込みも今日で一段落という感じですかね。

さて今日は北海道でも冬の寒さが厳しい地方、和寒からレッドキャベツです。今までもレッドキャベツは結構目にしていましたが、ここの物は色が一段鮮やかです。本当に綺麗な赤紫色。

でもこれを鍋物に入れるのだけはやめたほうがいいですよ。私の母がレッドキャベツで鮭の三平汁を作ったら汁が全て紫色になって異様な鍋になっていました。この紫は体にはいいらしいんですけど、ちょっと食べる気にはならなかったです。。やはりサラダとかで、彩りを飾るつもりの感じがいいかと思います。

2008年11月22日 (土)

来年のカレンダー

来年のカレンダー
来年のカレンダー
来年の話をすると鬼が笑うというけれど、札幌市場の来年のカレンダーが配られています。市場の休みは基本的には日曜、祝日、不定期に水曜と言う感じですが、正月以外は3連休以上はしないようになっています。

そこで改めてカレンダーを見てみると、9月の4連休のところの開市日が納得できない。何でわざわざ連休の間に市場を開くのよ。水曜にやって、3連休にしたほうがすったりすると思うんですけどね。ま、決まってしまったものしょうがない。原案は確か10月には出来上がっていたのだから、意見を言うならその時だったんでしょうね。

開市日数、275日。休みが多いか少ないかは別として、長い連休はないので、市場関係者は海外旅行とかにはあまり縁がありません。

2008年11月21日 (金)

高知産ゆず

高知産ゆず
いや〜、今日は寒いですね。気温自体は昨日と大差がないとは思いますが、昨日降った雪が固まって氷となっていて、そこを吹き抜けてくる風の冷たいのなんの。こんな日は暖かくなることを考えちゃいますね。

と言うわけで、ゆずが多めに入っていたので写してみました。冬至には早いですが、これをお風呂にいれて温まりたいものです。

最近、息子のマイブームの一つに入浴剤があります。入浴剤が溶けた後に中からいろんな物がでてくるのがお気に入り。でもこういう入浴剤は肌はスベスベになるような気はするのですが、温まるというのはなんかイマイチ。この点に関してはやはり昔ながら知恵とでもいうんでしょうか、とにかくゆず湯は体がポカポカしてきます。何も冬至にこだわることはないので、寒いと思ったときに一つ入れてみてはいかがですか?

2008年11月20日 (木)

雪の青果荷降場

雪の青果荷降場
昨日は福岡まで雪が降ったというのに、札幌は全く積雪がなかったのでビックリ。でも今朝目を覚まして更にビックリ。一晩のうちにあっという間の雪化粧。少しずつ降ってくれなきゃ、心の準備ってものができないですよ。特に運転の、、、。ま、自然のやることには勝てません。安全運転を心がけますか。

さてそれはさて置き、雪の市場。見晴らしの良いところから一枚写してみました。青果の商品をトラックから降ろす荷降場です。いくらフォークリフトだなんだと言っても、やはりトラックから降ろす時は人手による作業が大半です。雪の降りしきるなかの作業はやはり大変そうですね。ぐずぐずしていると、商品に雪がかぶって、箱がべちゃべちゃになっちゃいます。

2008年11月18日 (火)

シクラメン

シクラメン
ここ1週間ほどこのブログが見られなかった方がいたようです。調べてみるとIEのブラウザからアクセスすると全く本文がでてこない(汗)。私は別ブラウザで見ていたので全然気が付きませんでした。昨日メールをくださった方、どうもありがとうございます。

さて今日はなんとなく、シクラメンを写してみました。食材に目立ったものもなく、しかも今日からは雪の予報。外の木々も既に枯れてしまっている状態で、このシクラメンのきれいな色が妙に印象的でした。

今回の寒波は結構強いようです。このまま根雪になるところもあるとか。いよいよ寒い冬に突入ですね。

2008年11月17日 (月)

塩数の子

塩数の子
11月ももう後半。後1ヶ月半程で今年も終わりなんですね。先週暖かい日が続いたのでいまいちピンとこないです。でもテレビでは数の子の出荷のピークというニュースをちらほら見かけます。

と言うわけで写してみました。北見のマルゲンと言うところの数の子です。数の子では結構有名なメーカーでここのを指定するお客さんも多いです。

まぁ数の子の原料は今はほぼ外国産、アラスカ、カナダがメインの原料です。どこだかで日本産で作ったのを聞いたことがあるのですが、1キロ数万円になったそうです。

それはさて置き、塩数の子の需要は道内より、どちらかと言うと大阪を中心とした関西方面がメインのようです。北前船が運んだという歴史的背景から、数の子を有り難がる傾向が強いためだと個人的には思っています。

2008年11月15日 (土)

札幌産殻付き胡桃

札幌産殻付き胡桃
今日は胡桃なんてものが出ていたので写してみました。

胡桃の木って意外と身近にあるんですよね。一番ありそうなのが小学校。家の子供の小学校にもありますし、私が行った小学校にも確かありました。放課後に割って遊んだ記憶があります。そして公園にも結構あります。

ただ見つけづらいんですよね。胡桃は種の部分。落ちたばかりの実は青々していて、更にベタベタ。ちょっと素手では触りたくない感じです。で、その実が朽ちてくると中の胡桃が見えてくるのですが、これが実が黒く朽ちるので胡桃も真っ黒になっちゃって、土の色と見分けがつかない。だからよーく見てみると意外とそこかしこにあるもんなんですよね。

ただ食べるとなるとう〜んとなります。一度目はまだ熟成してなくて渋かった。二度目は置きすぎたのか、空だった。三度目は中にかびが生えていた。と、まともに食べられた事はありません。

だから例え売っているものでもやはりちょっと敬遠しちゃいます。

2008年11月14日 (金)

北海白こうじ

北海白こうじ
今朝はどことなく暖かい札幌。でも日曜からはまた雪が降る予報です。今日は冬支度最終日といった感じですかね。

さて今日は漬物には必需品、こうじです。って、はっきり言ってこうじには何の知識もありません。市場には色々なこうじが出ていて、値段も様々。やっぱり味に違いがあるんでしょうかね。

今日写したのは私が見たかぎりでは、市場の中で一番人気がある「北海白こうじ」です。網走の加川醸造と言うところのもの。特に酒や味噌、醤油の生産地と言うわけでもないのに、こうじを大規模に作っているというのが興味深いです。

普段、あまり気にしないところですが、たまにはこういう事を調べてみるのもおもしろいですね。今日はは時間がないので調べないですけど(爆)。

2008年11月13日 (木)

浜益産ニシン

浜益産ニシン
今週は火曜から良い天気が続いている北海道。更に昨日は休市日。そのためか水産物が大量に入荷されています。いつもの3倍くらいはあるんじゃないかな。その中から今日はピカピカに光ったニシンを写してみました。

ニシンは春告魚としてしられていますが、秋のニシンは量こそ少ないものも、冬を越す為に脂がのっています。更には春と違って身がしっかりしている。私としては春の物よりおいしいと思うんですけどね。あまり秋ニシンは知られていないため、人気はいまいちです。

脂が強いため、食べるなら糠に漬けた糠ニシンにすると適度に脂が落ち、かなりいけると思います。

2008年11月11日 (火)

厚田産ハタハタ

厚田産ハタハタ
昨日今日と朝の冷え込みは厳しいです。車のフロントガラスが凍っていましたからね。本当は少しアイドリングしたいところですが、トラックだと音が大きく近所迷惑。いつも寒いまま運転しています。

それはさておき、日本海側、厚田のハタハタがとれだしました。やはり日本海側はスマートな体型。色も飴色が若干太平洋側より濃いような気がします。私は前にも書いたとおり、こちら側の物の方が味が濃いような気がして好きなんですよね。

日本海側のハタハタが活気づくと、いよいよ根雪のシーズンが意識されます。

2008年11月10日 (月)

穂別産新物土付きながいも

穂別産新物土付きながいも
土日は大荒れの天気の北海道。札幌は風が特にきつく道路は落ち葉で一杯になりました。この天気のせいで、今日の水産物は私の予想よりかなり入荷が少ないです。これから冬になるとこういうことが多くなります。青果の方はというと、こちらはいまさら天気の影響と言うものは少ないものも、なぜだかキュウリだけが異常に高い状態です。原因不明。漬物用にでも使っているところがあるのかな?

そんなこんなで歩いていると、ながいもが山積みになっています。そう、今が新物ながいもが出回る時期。新物は写真のように土付きで出回ってきます。割ってある物を見たのですが、新物はやはり水分が多い。かなりみずみずしい感じです。

ながいもって意外とどんな料理にもあうんですよね。そのまますったりするのはもちろん、煮物に炒め物、汁物でもいけてしまうほどのオールマイティーさがあります。

土付きが出回っている今が一番安い時期。もっと活用されても良い食材だと思います。ねばねばがあるものは体にも良いらしい
ですからね。

2008年11月 8日 (土)

シシャモ刺身・真空パック

シシャモ刺身・真空パック
冬将軍到来!
とうとう本格的な冬が札幌にもやってきました。道路こそ雪はないですが、道端にはうっすらと積もっています。風も冷たい。これでは道路がいつ凍ってもおかしくないですね。皆さん車の運転は慎重に、、、。

さて、今日は急に出回ってきたシシャモの刺身です。前に書いたとおり、私は干したものの方が美味しいと思うのですが、いろいろな所で噂を聞き、実際このように出回った物を見ると、さすがに食べてみたくなります。

身は思ったより白いです。皮との境目には脂かついていそうな茶色い部分も。見た感じでは、結構こってりしたように感じます。サンマの刺身に匹敵しそうですね。

また一つ、食べてみたいリストに仲間入り。暖かい部屋で熱燗ちびりとつついてみたいです。

2008年11月 7日 (金)

旭ガニ

旭ガニ
今日からは雪の予報の北海道。今週はタイヤ交換三昧で体のあちこちが筋肉痛状態です(笑)。市場の中は既に天気の影響が出ているようで、水産物では魚はそこそこあるものも、天候の悪さを先取りしたかのように全面高。なんか気軽に魚でも、、、なんて言えない状況です。鮮魚って既に高級品になりつつあるようですね。

さて、今日目に飛び込んできたのはなんとも見慣れないオレンジ色の物体。旭ガニと書いています。見た感じはカブトガニ?いやエビでこんな感じのがいたかな?

産地が不明なのが痛い。ネットで検索したら九州以南のもので夏が旬だとか。でも出回るのは南半球の輸入品がほとんどらしい。どっちなんでしょうね。沖縄は季節外れの真夏日を記録しているから、ひょっとしたら国内物かな。輸入物だったら一箱だけなんてありえないし、おがくずみたいな物が入りますからね。

それにしても、北海道は雪で沖縄は真夏日。日本って狭いようで広いというか、長いって事を改めて感じます。

2008年11月 6日 (木)

鮭皮唐揚げ

鮭皮唐揚げ
寒くなったり、暖かくなったり、天気の移り変わりが激しい札幌。今日はかなり暖かいようですが、週末にはまたぐっと冷え込む予報です。体もついていかず、風邪をひいている人も多いようです。私は昨日、一応インフルエンザの予防注射をしておきました。

さて今日は写真の通りの珍味というかお菓子みたいなのを発見。やはり鮭は捨てるところがない食材ですね。

ただ、昨年まではこんなものはでていませんでした。今年は鮭が不漁で、価格が高騰、だから普段は見向きもしないこういう部分にも着目されたのだと思います。

ゴミになるところを上手に工夫するのは良いこと。もっとこういうものがでてきても良いと思いますよ。ただあんまり食欲をそそるような色ではないのがちょっと残念ですけど、お酒のつまみにはなりそうです。

2008年11月 4日 (火)

茨城産干しいも

茨城産干しいも
今日は雪の予報の札幌。夜のうちに降っているかなと思っていたら、朝は普通に雨が降っていて、ちょっと肩透かし。でもまだタイヤを替えていないので、少しホッとした気持ちもあります。と思っていたら朝日が照りはじめた時に雪がちらついてきました。初雪です。積もることはなさそうだけどいよいよ冬ですね。

さて市場の中は、、、と、冬に目にする干しいもが早くも登場しています。でも例年と違いでてきたのは茨城産。いつもは中国ものが真っ先にでてくるんですけど、やはり食品問題が多すぎで今年は国内ものが主流になりそうですね。

ただ私自身は干しいもってそんなにおいしいものとは感じたことはありません。ただ、子供ころ、ストーブの上にのせて軽くあぶってから食べたのがとても懐かしく感じます。今のストーブではそういう事ができるものも少なくなりましたしね。

と、ふと外を見ると、なんと雪がさらに激しく降っています。道路はともかく、軽く積もりそうですね。早く帰ってタイヤ交換しなければ・・
・。

2008年11月 1日 (土)

網走産ルッツ(ゆむし)

網走産ルッツ(ゆむし)
今日は仲買さんに勧められて見つけたのはルッツ、正式名ゆむしです。これはなんと表現して良いんでしょうかね。ミミズの太ったかんじ?ヒルの色が抜けたような感じ?しかし何度見ても食べる気にはならないですよね。

北海道でもこれを食べるところは日本海側、確か増毛あたりだったと記憶しています。海が時化た時に浜辺に打ち上げられるのをとっておくのだとか。食べ方は刺身や醤油漬け、ジンギスカンに混ぜて焼いてもおいしいとか。私はまだ食べる機会に遭遇していないけど、おいしいらしいですよ。

昔は全くしられていない物でしたが、数年前にテレビで幻の食材と紹介されてから、たまに市場にでてくるようになりました。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

facebook

  • facebookページ
    facebookに登録している方はこちらのページを「いいね!」すると便利だと思われます。

北海道食材検索

アクセスアップリンク

無料ブログはココログ