google

コンテンツ

最近のトラックバック

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月30日 (日)

本年最終日

本年最終日
本年最終日の市場のセリ場です。昨日に比べるとやはりガラーンとしています。でも去年の年末に比べると荷物が多いかな。今年は札幌は雪が少ないし、意外に消費が鈍っていない表れかな。

今年も結局このブログは食材がメインになってしまいました。もっといろいろな様子を写したいんですが携帯だと限界がありすぎるんですよね。それでもきっと使っていない機能があると思うので何かできないか模索していきたいと思います。それとともに北海道のしられざる魅力を市場に入ってくる食材を通して発信できたらなぁと思っています。

最後にこのブログをみていただいている皆さん、またコメントをいただいた皆さん、本当にありがとうございます。また来年もよろしくお願いします。来年は5日、初セリからの更新となります。

2007年12月29日 (土)

セリ納め

セリ納め
今日はセリ納め。市場は明日も開いていますが、あの活気の良い声は今日までです。初セリには報道陣も詰め掛けるのですが、セリ納めの今日はテレビカメラが1台あるだけでした。

セリの最終日の生魚の値段は全体的に安めです。やはり正月にカレイやらなんやらはそうそう食べないですものね。料理屋さんも休みのところが多いし、これは仕方ないかな。ただなぜかカジカだけは高かったです。

明日は注文分の商品を取りにくるだけ。あまりものを安くしてくれることもありますが、そういう物ってやっぱり売れないんですよ(^o^;

明日は一般の人も中まで入ってお買物できる唯一の日。あまり知られてはいないし、あまり物や箱単位の物がほとんどですが、場外に来たついでに覗いてみるのもおもしろいと思います。

2007年12月28日 (金)

葉付きみかん

葉付きみかん
今日もお正月商品、葉付きみかんです。お供え餅にあげるためにこの瞬間だけの商品です。

お供え餅は基本は橙らしいのですが、橙は大きさがかなり大きく大人の握りこぶしぐらいあります。これでは神社とかとにかく大きく作るところじゃないとまず載らないです。一般の家庭では代用品のこのみかんがちょうどよい大きさです。

前にも書いたとおり出来合いの真空パックのお供え餅を使う昨今、せめてうえに載せるものぐらいなまものでもどうでしょう。

2007年12月27日 (木)

鯛
今日は27日、市場のセリは29日まで、今日を入れてもあと3日になってしまいました。なんかこう書くと自分でもビックリするぐらい年末なんだなと実感します。

今日写したのは養殖鯛の山。ざっと数えたら3山の合計は2,000箱ぐらいにはなるでしょうか。これでも市場全体の半分にもならないんじゃないかな。普段はこんなに入らないけど、これも正月用。たぶんあと1回も入荷したら終わりでしょう。正月の期間は市場も休みの為、スーパーなどで買う刺し盛りなどは間違いなく今日、明日ぐらいに入荷したものです。それでも落としたばかりの魚と違う、旨味が出ている味を楽しめると思います。

養殖物ではこの他にハマチ、カンパチ、ブリも同じぐらい大量に入っています。この光景をみるとようやく私も年末モードに突入です。

2007年12月26日 (水)

伊達巻

伊達巻
今日は水曜日、普段は休みの私もさすがに今年最後の週は休まずに働いています(^o^;
ただ最後の週と言っても普段とあまりかわった様子はありません。それどころかちょっと皆さん暇な様子もちらほら。連休と年末の間に挟まれつかのまの一服と言った感じです。

さて今日もお正月用商材、伊達巻です。写真に写したのはヨード卵光の卵を使った高級品、安いものの倍以上の卸値です。

私は伊達巻って厚焼玉子と同じ物と思っていたのですが、ちょっと違うようですね。伊達巻は厚焼玉子とカステラの中間ぐらいで中が少しスポンジ状になるのが特徴。更にすり身なんかを入れて甘く味付けして最後には簾で巻かないと伊達巻にならないようです。

お節にはかならず入っているようですが、酒飲みの私は甘すぎてあまり手をつけない一品です。

2007年12月25日 (火)

口取り

口取り
今日はクリスマス。といっても祝日でない為普段と代わり映えしないかな。私のところで喜んでいるのはプレゼントをもらった息子ぐらいのものです(^o^;

さて市場の方ですが先週末から書いているとおり正月一色と言った感じです。今日目に入ったのは口取り。鮮やかなお菓子です。

ただ年末年始にこれを食べるのは北海道の一部の風習らしいのです。ネットで調べたのですが、もともと口取りはコース料理の前菜が形式化して結婚式などの行事に色鮮やかなお菓子となったものらしいです。これがさらに北海道ではめでたい正月に使われるようにかわっていったのでしょう。昔は甘いものが少なく、何かの行事の時にしか口に入らなかったのでこの口取りもその流れで正月に組み込まれたものだと思います。

私自身はあまり食べたことはないですが、私の父がこれが好きで今でも見かけると喜んで食べてしまいます。

2007年12月24日 (月)

蒲鉾

蒲鉾
今日はクリスマスイブ、市場も残すところあと1週間。でも30日はほとんど後片付けとあいさつで終わってしまうので仕入れはもう1週間もないのですね。今年は雪も少なく、寒さも厳しくなく感じるので、年末の仕入れもちょっと楽に感じます。

さて世間ではクリスマスのイベントが目白押しですか、水産物の方で出てくる商品は蒲鉾。賞味期限の関係で出てくるのはこのクリスマスの時なんです。いくらお節を手作りすると言ってもこれだけはさすがに無理ですもんね。しかもなかに松竹梅の紋様入り。華やかな物です。

ただ原材料はさすがにすべて国産というわけには行かないでしょう。昔はスケソウダラ中心でしたが、今ではそうそう安い値段では手に入りません。加工すると原産国を表示しなくてもよいのが玉に瑕。こればかりは単純に値段で比較するのが手っ取り早そうです。

2007年12月22日 (土)

鏡餅

鏡餅
年の瀬もいよいよ押し迫ってきました。本州に贈り物をするには最後の土日で更に連休、またクリスマスもあるためさすがに市場のなかも忙しい感じです。市場は最盛期にあわせて24日も開いていますし、そこから30日まで休みなしのスケジュールです。

さてさて今日はまたもや気のはやいことに鏡餅。と言っても今主流の真空パックのものです。みかんの飾りまでついていますがこれも作り物。風情がないといえばそれまでですが、時代の流れですね。

もちろん食べることができますが、この餅の原料は安いものはタイとかベトナムなどの東南アジア系が多いです。輸入物が好きではない人はしっかり確認することをお薦めします。ま、食べないんなら何でもいいんでしょうけど。

2007年12月21日 (金)

平目

平目
なんか平目が安いです。11月後半ぐらいから入荷量が増え、今になっても減らないままで値崩れが起きています。写真に写したのは石狩産、6キロをオーバーする大物ですが、メインは1キロきれるぐらいの小さいサイズ。主に日本海側で揚がっているようです。今ではカレイ類とほぼ同額。

今年はこのほかにもソイ類も値崩れを起こしたし、アンコウも例年にないくらいの豊漁です。

特定の魚が豊漁になってしまうのは結構あることですが、アンコウは温暖化の影響もありそうですね。ただここまで値段がさがるのは豊漁だけが原因ではないようです。それはやはり道内の景気がよくないせいでしょう。ソイと平目は刺身がメインの魚で、あまり普通の家庭では食べないような魚。忘年会とかの宴会でもないかぎり需要が増えることはありません。で景気が悪いためこの宴会自体が少なくなっている。だから値段が落ちているのだと思います。また、いくら安いと言っても平目1匹は500円きることはありません。ちょっといいものを選ぶと1,000
円は確実にします。これではまず誰も手を出さないです。そのため更に値段が落ちるのに歯止めがきかないようです。

今週末はクリスマスパーティーをする人も多いと思いますが、お父さんの為、美味しい平目の刺身でも付けてはいかかでしょう。

2007年12月20日 (木)

ゆず

ゆず
12月ももう下旬。私はいろいろあってあっという間の12月となりそうです。それにしても年々市場の活気が少なって行くように感じます。昔と違い年の瀬に大慌てで買い物をする感じではなくなっているのでしょうね。

さてさてあまり季節感が感じられないこの頃ですが、22日は冬至です。原油高で燃料費を押さえるために部屋の温度を下げている方も多いと思いますが、せめて冬至ぐらいはゆず湯でじっくり暖まってはいかがでしょうか。

2007年12月18日 (火)

タラバ

タラバ
年末の贈り物に根強い人気があるタラバ蟹です。と言ってもこの生茹タラバはすべてロシア産、北海道の代名詞に近いものだけに何かスッキリしないですね。

ひさしぶりにタラバをまじまじとみましたが、年々小さくなっています。私が市場に来た頃には一番手のタラバは4〜5キロぐらいが定番でした。今では2.5キロクラスが一番手。この調子で行くとタラバは本当になくなってしまうような気がします。

ロシア政府も密漁に力を入れているみたいですが、まったく歯止めがききません。さらにより高く買ってくれるアメリカ、韓国、中国に品物が行っているようです。

まぁもともとが北海道のものではないのでなくなっても仕方がないんでしょうけど、食べるものが減るってことはなんか寂しい感じがします。

2007年12月17日 (月)

もういっこ

もういっこ
おひさしぶりです。かみさんが退院してようやく落ち着きを取り戻したぴろしです。結局子供を1度だけ市場に連れてきましたが、そのあとは2日休みを取ったり早退したりとなんとか乗り切りました。ご心配をおかけした皆様、また励ましの言葉を頂いた皆様に心より感謝いたします。かみさんの病気自体は重いものでもなく順調に回復しています。今回いろんな人に迷惑をかけて改めて自分一人では何もできないなぁということを実感しました。

さて復帰第一弾にあわせるかのように仙台いちごの即販をやっていました。なんでも新品種の「もういっこ」というものの売り込みです。試食があったのでもちろん食べました。食べ比べのためさちのか、とちのかも用意されていました。

食べた感想はちょっと酸味が強いかな。型自体は大きくてふっくらしているんですけどね。私の今日の体調だとさちのかの方が甘味がありおいしく感じました。

いちごはこれからクリスマス迄がこの時期の一番の需要期ですが、ビタミンCが豊富らしいの
で風邪予防として毎日でも食べたいものですね。

2007年12月 7日 (金)

ホタテ貝殻

ホタテ貝殻
ホタテの貝殻のみが売っていました。普段の日なら身を取った貝殻をほぼ無料で手に入るのですが、さすがにこの時期は数も必要になるためそうはいかないようです。

この時期とはもちろんクリスマスとお正月。よく見かけるホワイトソースがのったグラタン風なオードブルってやつですね。

最近は捨てるだけだった貝殻も道路のアスファルトに混ぜて滑り止めに使ったりするようになり次第に需要が出てきているようです。この時期だけではなくその内通年買わなきゃならなくなる日も近いかもしれません。


ちょっと私事ですが、かみさんが入院することになりまして、子供の面倒をみなきゃならない状態になりました。そのため市場にくるのも来週いっぱいまで少なくなります。というわけでこのブログは来週までお休みするか、更新しても写真だけになるかもしれません。御了承願います。

2007年12月 6日 (木)

カジカの子

カジカの子
鮮やかな色の魚卵を発見。パッとみるとスケソウの子、つまりはタラコの生にも見えなくないかな。これはカジカの子です。と言っても前に紹介した当別カジカの子ではありません。カジカの種類は書いてなかったけどこの色合いは多分ギスカジカの子だと思います。

ギスカジカの子の特徴はこの色と粒の細かさ。タラコの粒なみに小さいです。食べるにはやはり醤油漬けですね。これが物凄くとろりとした感じでご飯によくあいます。味も醤油だけでもカジカのだしが染みでてくる感じでとにかく他の魚卵からは想像できない味だと思います。

私としてはカラスミみたく干してもおもしろいと思いますが、量がそんなにとれないためかこれの加工品なんて物は見かけたことがないです。

おなじカジカと名が付くのにこれだけ食感が違うのもめずらしいような気がします。

2007年12月 4日 (火)

締め飾り

締め飾り
とうとうやってきました。締め飾りの季節です。これが出てくるとさすがに師走と言う感じがしてきます。

最近の市場というか街中まで年末という雰囲気はだんだん薄れてきていますね。年末年始もやっているスーパー、忘年会やお歳暮などお付き合いの減少などなどいろんな原因が絡み合っているようです。

せめてお家にこれぐらいの物でも飾って雰囲気を出したいところですね。でもホームセンターとかで並んでいるのをみると、これすらも味も素っ気もない感じですけどね。

2007年12月 3日 (月)

シマゾイ

シマゾイ
ここ2〜3週間ソイ類の入荷が非常に多いです。写真はシマゾイ、羅臼産です。

ソイ類は冬が旬の魚ですが一応一年中とれています。冷たい海水にいることで虫がつきにくく、刺身で食べるには冬の時期が一番いいのでしょうが人気が出てくるのは春先です。一般の家庭で食べるというよりは料理屋さんで人気がある食材です。

いまなら高い時期に比べると1/3ぐらいの値段で手に入ります。カサゴ系統の魚なので背ビレに毒があり指を刺したりすると結構はれあがります。こういうとこも家庭では人気がない原因でしょう。

2007年12月 1日 (土)

ゴッコ

ゴッコ
12月になりました。カレンダーにあわせたように冬の魚、ゴッコが入ってきました。利尻産です。

ゴッコは昔は人気がないと言うより知っている人が少ない魚でした。最近はテレビやらなんやらで紹介され一気にメジャーな魚になった魚です。本場は道南、函館の方。函館でとれるには今月後半ぐらいからでしょうか。

身はゼラチン質でぷりぷり、コッコもなかなかの人気です。食べるには鍋で、生のりを入れると風味が増す様です。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

facebook

  • facebookページ
    facebookに登録している方はこちらのページを「いいね!」すると便利だと思われます。

北海道食材検索

アクセスアップリンク

無料ブログはココログ