google

コンテンツ

最近のトラックバック

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

競り人の目利きシリーズ

競り人の目利きシリーズ

年末商戦に入るとたまにおもしろい企画商品が出てきます。今日アップしたのがまさにそれ。「札幌中央卸売市場競り人の目利き」との肩書きをもつ加工品シリーズです。

ものは酒の肴に合いそうないかの塩辛、いか明太、松前漬けやホタテの塩辛、ニシンの甘露煮など10種類。作っているのは元卸・競り人の子会社ですから、まぁ一応この触れ込みは間違ってはいないですね。もともとは本州の北海道フェアとかにあわせて作った商品だとか。それが好評で年末商戦に投入されているとのこと。

問題は味でしょうけど、はっきり言ってこのような商品にそんなに違いはないと思います。居酒屋で出るお通しのレベルじゃないかな。

ただ試してみるにはちょうど良い量と値段だと思います。年末年始に一品つけたり、お土産にもっていったりするのにいいかも。

2006年11月28日 (火)

鱈が旬

鱈が旬

少し前にタチをアップしましたが、今はまさに鱈の最盛期。タチをたっぷり抱えた雄鱈は見ていて本当に美味しそう。しかも最近は活〆するのが主流で身もしっかりしている。さらに今はいつぞや書いた月末値段。通常より3割ぐらいは安いです。

私が言う旬は時期だけじゃなく、魚の状態と値段を考えて、品質に比べて値段が安くなる瞬間を指しています。冬がメインの魚は天候によって漁獲量がかなり変わってきて値段の変動も大きいです。たぶん鱈は今週が一番安くて良い状態でしょう。月末で家計も苦しいときとは思いますけど、ぜひとも食していただきたい食材です。

写真は函館産です。

2006年11月27日 (月)

カレンダー

カレンダー

土曜日にしめ飾りを写しましたが、今日は来年のカレンダーが配布されていました。(見づらいですかね)

市場のカレンダーは休市日を書いてあるちょっとほかとは違うカレンダー。基本は日曜、祝日、第2、第4水曜日が休みなんですが水曜はいろいろ考慮されて休みが配置されています。そのほか正月とお盆にまとまって休みがありますがゴールデンウィークは一つだけ開いているのが特徴かな。

全部で276日の開市日。多いのか少ないのか、、、。

2006年11月25日 (土)

締め飾り

締め飾り

昨日は札幌も雪模様。市場のまわりは今朝は溶けていましたが、郊外にある私の家のまわりは積もったままです。早いもので11月ももう月末、あと1ヵ月もすると年末になるのですね。

と思ったのも市場で締め飾りを見つけたから。いろいろな種類がありましたが、気に入ったのが写真のミニ門松。膝したぐらいの大きさでなんかいい感じ。

最近はホームセンターで安いのも多いから見ている人もまばらですが、たまにはこんなのでもいかがですか?。

2006年11月24日 (金)

山ごぼう

山ごぼう

青果の方を歩いていると見慣れないパックがありました。厚沢部産・山ごぼうと言うものです。普通のごぼうに比べるとはるかに短い。30センチぐらいでしょうか。名前から察するに山に自然に生えるものなんでしょう。

やはり見慣れないものだけあって写真付きで食べ方を書いてあるポップまで用意されていました。お薦めは丸ごと醤油漬けのようですが、歯ざわりがしゃくしゃくしているので灰汁抜きしてサラダに付け合わせるとおいしいそうです。その他にはキンピラなんかも美味しくなるとか。

小さくて扱いやすいとは思いますけど、料理方は普通のごぼうとたいした違いはないようです。

2006年11月22日 (水)

こっこシリーズ

こっこシリーズ

普段水曜日は私は市場を休んでいますが、明日が祝日のため今週は出勤です。

今日は久しぶりのこっこシリーズ。これはコマイのこっこです。見た目はスケソウダラのこっこ(一般的に言われるたらこ)より黄色みがかかっていますが、ツブが一回り小さい。これだとねっとりと舌に絡み付いてくる食感になりそうです。味は残念ながら私は食べたことがないのでわかりませんし、想像もつきません。食べ方は煮付けだとは思いますけど、たらこのように塩漬けにするとおもしろいかも知れません。

ちなみにコマイに小舞と漢字をあてていますが、最近は大きいコマイに大舞(おおまい)と字をあてて差別化しているのですが、なかなか広まらないようです。

2006年11月21日 (火)

日本海ハタハタ

日本海ハタハタ

今週は天気の良い日が続いています。そのおかげで魚の入荷量が多く、値段も次第に安くなってきています。

そのなか目を引いたのが日本海側、厚田・浜益のハタハタ。先週の初雪でようやくとれだし、今週、一段と水揚げが増えてきました。

見た目は太平洋側と違いはありませんが、やはり時期が良い。雪が降ってからが旨いのよ。さらにこっこも十分に入ってきている。このこっこを焼いて食べるのが私は好き。歯応えが良いんですよ。

私の好物なのでちょっと興奮してしまいましたが、今では贅沢に入る一品ですね。ちなみに一昔前はこのこっこをブリコといっている人も多かったのですが、時代の流れか、単なる浜言葉だったのか、今ではそういうふうに言う人もいなくなりました。

2006年11月20日 (月)

牡蠣

牡蠣

今日は牡蠣がおいしそうなので写してみました。厚岸産むき牡蠣です。殻付きももちろんありますが、一般の家庭ではこちらのほうが扱いやすいですね。

牡蠣は暖かいうちは毒や菌がでやすい食物です。今年も3月に貝毒、10月も食中毒の菌が出て回収されています。その中には加熱でなくなるものもあるし、そうでないのもあります。だからこれからの時期が一番の食べ頃。でも今年は海水温が高いようなのでやはり気を付けたほうが良いかな。

鍋にすると間違いが少ないですが、生食なら昔ながらに酢を入れるとか、レモンをたらすとかして少しでも菌を殺す工夫をしましょう。私はいつもよりキツイお酒を多めに飲むようにしていますけど、、、(爆)。

2006年11月18日 (土)

スルメイカ

スルメイカ

イカは夏の函館が有名。夏の暑い時に冷たいイカ刺しやイカソーメンはさっぱりとして好まれています。

でも秋から冬のイカが身が厚くなって美味しいと言う人も多いようです。やはり冬に備えるため脂じゃないけど何かを貯えるんですね。

この時期なら刺身よりもイカ焼なんてどうでしょう。たっぷり生姜に熱燗を添えれば言うこと無し!

ただ値段は時化の日が多くなるので高めですけどね。写真は泊産です。

2006年11月17日 (金)

メヌキ

メヌキ

今日の札幌、郊外にある私の家の周りは道路まで雪が積もっていました。いよいよ冬も本番となってきたようです。こんな日は鍋でもやりたい気分。

そんなわけで鍋用の食材を写してみました。メヌキと言う魚です。漢字で書くと「目抜き」。水圧の関係か水揚げされると目が飛び出るのが名前の由来だと思います。魚体は同じような魚のキンキより大きくなるのが特徴で、大きいものは10キロぐらいになります。

味はキンキにくらべると大味と言うか繊細さに欠けるというか、、、。あと口が大きい魚はやはり悪食が多く内蔵が臭くなるのが早いので鮮度も大切ですね。

開いて干すと大きく迫力もありますが、家庭用の焼器では小さいすぎて焼けないのが難点。やはり鍋でぷりぷり感を味わうのがこの時期にぴったりでしょう。

写真のは鵡川産ですが、根室方面が本場のようです。

2006年11月16日 (木)

白菜も

白菜も

人参に続いて白菜も暴落中。4玉入り100円。巻きが若干ゆるいかな。あまりにも安いので産地を調べるのを忘れてしまいました。

人参に比べると保存がきかないのがたまにきず。漬物を漬けない人はちょっと余してしまうかな。鍋にでも大量に放り込んで楽しむぐらいしか思いつきません。

2006年11月14日 (火)

人参が、、、

人参が、、、

気が付いたら人参が暴落していました。石狩産Sサイズ10キロ100円。かなり小さいサイズですけど食べるには十分な大きさですよ。

そういえば人参メインの料理って思いつかないなぁ。でもシチューにカレーに肉じゃが、千切りでラーメンに添えても良いし鍋でも良いし、とにかく使い道はあります。この時期なら車庫みたいな所にでも入れとけば悪くもならないと思うので見かけたら買いだめしておくのも良いかも。

2006年11月13日 (月)

シマダイ

シマダイ

初雪が降った札幌。なんでも44年ぶりに遅い観測になったとか。雪は多かったらいやですけど、降ってくれないとやっぱりさみしいですね。

さて今日の市場では北海道ではちょっと見かけない魚を発見。瀬棚産シマダイです。私の記憶ではイシダイかと思っていたのですけど、、、勘違いしているのかな?ま、どっちにしても大きいなら食べ様がありますが、これは手のひらより若干小さい。これじゃ、観賞用の熱帯魚とかわりないですね。

やはり雪が遅れるほど暖かいということかな、こんな魚がとれるということは。

2006年11月11日 (土)

赤かぶ

赤かぶ

函館産の赤かぶです。白かぶに比べると若干小さいかな。

白かぶって結構料理の幅があるように感じますが、赤かぶの料理ってあまり思いつきませんね。漬物用コーナーにあったのでやはりメインは漬物ですね。ちょっと酸っぱいあの味は何とも言えずお酒に合って私は好きです。

余談ですがテレビドラマの「赤かぶ検事奮戦記」、私は好きなのですが昔のフランキー界の方が味があったような気がします。お色気も(爆)。

2006年11月10日 (金)

十勝こがね

十勝こがね

この時期の市場は漬物用以外はあまり活気がありません。冬支度の準備のためかわざわざ料理を必要とする食物まで消費が回らないのかな。さらに水産物は時化の日も多く品物が少なく高い状態です。活気が戻るのはボーナスがでる頃から年末にかけてかな。

こういうときは特に目玉になる商品が出てきません。もちろんブログにだすような物も少ないです。こんな時はこの前紹介した、インカめざめを置いている仲買さん。有機栽培中心でめずらしい物も多いです。米内青果という仲買です。

今日は十勝こがねと言うイモ。栗山産です。平成12年に新種登録されたとか。男爵みたいな形ですが、煮崩れが少ないとか。メークイーンより大きく食べごたえがありそうです。シチューとかカレーにむいているのかな。一度試してみてください。

2006年11月 9日 (木)

富士柿

富士柿

今年は柿、みかんが例年より高値で推移しているようです。いろいろ原因があるようですが、やはり天候の問題が大きいようですね。それも温暖化の影響が次第に響いているような気がします。一昨日起きた竜巻だってその影響のような気がします。

さて今日は富士柿、愛媛産です。北海道では雪の降る頃に出回るので冬柿と言う人もいるみたいです。形が昔話に出てくる三角錐の形。たぶんこちらのほうが古来からある柿なんでしょう。かたいものより実が少し溶けだしてぐちゅぐちゅっとしたほうが甘味が増し美味しいと言う人が多いようです。昔は渋みを抜くのに焼酎に漬けたりしたこともあったようでフルーツ酒なんかにもむいているようです。

2006年11月 7日 (火)

豆

きれいな色をした豆を見つけました。当別産白花豆です。ほかにも赤花豆、金時豆、とら豆、大豆、黒大豆、小豆ととにかくカラフル。みていておもしろいです。

でも家で料理して食べるってことは少ないかな?我が家では金時をたまに煮豆にするぐらいかな。おせちの黒豆も最近は買ってくることの方が多いし、あんこだってできたものを買うことがほとんどだし、、、。たまにはこんな豆を全部混ぜて煮豆にすると彩りがあっておもしろいかもしれないですね。

2006年11月 6日 (月)

インカのめざめ

インカのめざめ

最近よく耳にするじゃがいも、インカのめざめです。詳しいことはググった方が早いですね。市場でもめずらしい物の方で、セリにはでず、有機栽培の物を専門に扱う仲買に置いてありました。

見た感じでは小さいですね。写真のは一番大きいのを写しましたがそれでも普通のイモの標準的な大きさ。値段はやはり高いです。普通のイモの倍くらい。私はコンビニの調理されたのを食べたことがありますが、甘味が強烈。サツマイモとジャガイモの中間の味とでもたとえたら良いのかな。

箱にはその外の品種として、インカレッドとインカパープルと言うのも書いてありました。今日はなかったみたいですが気になるのでチェックしたいと思います。

2006年11月 4日 (土)

新ながいも

新ながいも

穂別産新ながいもがでていました。新ながいもは保存を考えていないため土付きで出てきます。

ながいもは数年前まで高級品でした。山芋の代わりとして人気が出たのが原因です。それから一斉に栽培されだし、今では価格も安くなりお手軽な食材として人気があります。

とろろにしたり、そのまま揚げたり、短冊切りでもいいし、鍋でも美味しい。ねばねばする食材は体に良い成分が多いし、言うことなしの食物です。

2006年11月 2日 (木)

銀杏

銀杏

今朝はまた一段、冷え込みが厳しくなってきました。家の側を歩いても落ち葉の量も多くなっています。旭川では初雪が降ったとか。もう冬なんですね。

今日見つけたのは銀杏。愛知産です。私の家の側の落ち葉にも銀杏の葉っぱが混ざっていますが残念ながら雄株ばかりのよう。実が落ちていることはありません。ま、あってもたぶん拾うことはないかな。あの臭いはちょっと強烈ですからね。

拾うことはないけれど食べるのは好きです。煎って塩を振り掛けるとお酒のつまみには最高ですし、この時期なら茶碗蒸しに乗っかっていたらたまりませんね。

市場で扱うものはどちらかといえば業務用かな。500グラム800円とかいっていたかな。ま、家では買ってまで食べることはないですが、温泉旅館とかで料理に添えられるとうれしくなる一品です。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

facebook

  • facebookページ
    facebookに登録している方はこちらのページを「いいね!」すると便利だと思われます。

北海道食材検索

アクセスアップリンク

無料ブログはココログ