google

コンテンツ

最近のトラックバック

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

ぶどう

ぶどう

今日は余市・仁木のぶどうがかなり入っていました。たぶん今が最盛期。

ぶどう種類も結構ありますね。白ぶどうの代表はポートランドとナイヤガラ。どちらもワインで有名な品種なので聞いたことがある人も多いと思います。

茶ぶどうで目立つのが旅路と言う品種。房にツブがびっちりと固くついていて食べごたえがありそう。

そして写真の黒ぶどう。これはキャンベルズアーリーと言う品種。酸味がほかのより強い感じがするかな。そのため市場での評価がちょっと低め。だから値段が魅力。2キロ一箱400円。月末値段と言うこともあるけどやはり安い。

でもしばらくは天気も良さそうだし、ドライブがてらぶどう狩りの方が楽しめるかな。

2006年9月29日 (金)

菊

秋の花と言って思いつくものと言えばなんでしょう?私はコスモスと菊かな。という訳で(どういう訳なんだか(^o^;)菊を写してみました。

菊といっても食用菊、食べれるのです。よくお刺身のつまに添えられているあれです。

私は食用花系はちょっと苦手かな。特に匂いがだめですね。だからいつも残しています。
私のかあちゃんは菊が大好きでよくおひたしにして食べています。

秋を感じる一品、視覚でも楽しんでください。

2006年9月28日 (木)

ニシン

ニシン

ニシンと言えば春告魚と言われるくらいの春の魚ですが、秋のニシンも実を言うと美味しい食材の一つです。

春のニシンは魚体こそ大きいですが産卵のため身がやわらかく、脂もいまひとつ乗っていません。数の子や白子に栄養がすべていっているのだと思われます。
夏にもニシンはとれますが、こちらもまだ脂はなく、主にみがきニシンなどの加工用に回されているようです。
で、これからのニシンは厳しい冬を乗り切るために次第に脂が乗ってきます。身も締まってきて、魚体も大きくなり食べごたえもでてきます。これからこそニシンの身は本当の食べ頃だと思います。

ただ、やはり雰囲気は春の魚で根付いているようでいまいち人気はないようです。値段は春の半額ぐらい。安くて美味しいものの方が良いと思うのですがね。

写真はオホーツク産。日本海側でないのも人気がない一つの要因かも知れません。

2006年9月26日 (火)

かき

かき

今日は秋のフルーツの代表、かきです。もちろん道内物ではありません。今は和歌山産がすべてです。もう少しすると秋田辺りのかきも出始めますし、種ありの先の尖ったかきも出てきます。

市場のかきは若干青みがかかっています。つまりはまだ食べるには早いということ。1週間後ぐらいが食べ頃でしょうか。昔みたく渋いということはありません。ガスを入れて渋みは完全に抜いています。でもこのままではたぶん固いだけで甘味が少ないと思います。

なんでもそうだと思いますが、やはりとれたての完熟を食べてみたいです。北海道では無理だと思いますけど。

2006年9月25日 (月)

天然舞たけ

天然舞たけ

お彼岸もすぎてすっかり秋一色といった札幌です。

今日は天然舞たけ。バスケットボール大の大きさ。値段を聞いて驚きましょう。2.8キロ。キロ1万で2万8千円。

こんなの食べることは無縁ですが、安い栽培物のきのこを集めてきのこ鍋でも食べたい気候になってきました。

2006年9月22日 (金)

山ぶどう

山ぶどう

秋といえばぶどうも秋の味覚の一つですが、同じぶどうでも今日見つけたのは山ぶどう。4キロ1箱2500円。結構良い値段です。20箱ぐらい出ていました。

それにしてもよく集めたものですね。たぶん栽培しているところなんてないでしょう。確かにちょっと郊外に行けば道端に山ぶどうの葉はよく見かけます。それでもこれだけ集めるとなると大変だと思います。よほどの穴場でもあるのでしょうか。

このままでは酸っぱくて食べるどころではありません。ポピュラーなのは焼酎に漬けて飲むことかな。でも漬けている人を聞いたことはありますが、私は飲んだことはありません。美味しいんですかね。だれか飲んだことあります?

2006年9月21日 (木)

ぼりぼりきのこ

ぼりぼりきのこ

本日の市場は台風の影響で水産物は全滅状態です。安くて美味しい生物は来週まで我慢したほうが良いでしょう。
その代わり青果の方はにぎやかです。特に木になるりんごとかの果物が台風がくる前に一気に収穫した様で入荷量が多いです。

さて今日見つけたのが天然ぼりぼりきのこ。といっても一箱だけですけどね。一緒に写っている人は保健所の方で、熱心に調べていました。
市場では毎日保健所の方が巡回していて色々調べたり、指導をしていたりします。夏の間は水産物を巡回しているのをよく見かけましたが、青果で見かけるのはめずらしいです。やはりきのこは中毒を起こしやすい食物。市場で扱っているもので食中毒を出すわけにはいきませんものね。

安全、安心な食物をめざして、市場では色々な人が働き、それで市場が機能しているのを改めて実感しました。

2006年9月19日 (火)

こっこシリーズ?

こっこシリーズ?

さて、これは何のこっこでしょう?
これだけでピンときたあなたはかなりの魚通だと思います。これは「当別かじか」のこっこです。

鍋用で一般的な「なべかじか」とは違ってざらざらした茶褐色の肌が特徴の当別かじか。身は食べるところが少ないですが、こっこが体の割にたくさん入っています。鮭・マスのこっことは違い、脂は少なく、ツブが小さく固め。とびっこのツブを大きくしたイメージですかね。味は言葉では表現しがたいですが、とにかく濃厚な味で、これの醤油漬けはご飯によく合います。

メジャーな食物ではありません。どちらかというと珍味の部類かな。
これから雪が降る前まで楽しめる逸品です。

2006年9月18日 (月)

ネットショップ いくら醤油漬け

今日、市場は祝日のためお休みです。そこで久々にネットショップを覗いてみました。
物はこの時期の旬いくら醤油漬けです。

ところがこれがなかなか納得できるところがない。
せっかく食べるのだから冷凍してなくて、添加物がないのを探したんだけどろくなのが出てこないです。最悪なのがウニとセットになっているところ。完全に旬の時期が違います。もう少し考えたセットを作りましょう。

さてそんな中2つほど、未冷凍で無添加のいくら醤油漬けを売っているところを見つけました。

まず最初は「北釧水産」、釧路の業者です。

写真をクリックすると商品ページにジャンプします。

これがこだわっているのなんの。醤油とかお酒とかの調味料はもちろんですが、なんてったってわざわざ「知床らうす深層水」なんて使っています。水までは考えもしませんでした。もちろん値段も高く設定していますよ。100g¥780。はっきりいってこんなに高いいくらは見たことありません。食べてみたいとは思いますけど、ちょっと高すぎのような気がします。

もう1つは「かに太郎」という業者、旭川の業者です。

写真をクリックすると商品ページにジャンプします。

写真写りでは北釧水産のほうが上かな(爆)。こちらは調味料にはこだわりはないようですね。手作りというところをポイントにしているかな。値段は若干安い程度。200g¥1,260。100gに直すと¥630。これでもかなりの高額商品ですよ。ただ「航空便」って明記しているところが良いですね。少しでも早く届かないと未冷凍の意味がないですもんね。

とまぁ見てみたわけですけど、どちらもカニ専門でうたっている業者なのね。いくらは片手間仕事なのかね。鮭専門の業者でもやってほしいところですね。多分筋子とか冷凍いくら作っていけば鮭専門の人たちはやっていけるのでこういうところでは出さないのかもしれないですね。

もう1つは値段が馬鹿高い!。道内に住んでいればわかると思いますけど、生筋子でキロ当たり高くても3,000円。スーパーで売っている値段でですよ。これをほぐして、悪い粒をはじいたとしてもその後醤油を入れたりするので、重さは増えるんですよ。それを倍値段以上で売るのはちょっと儲けすぎじゃないかな?

これならもしかして家庭の主婦でも、オークションとかで儲けちゃったりできたりしないかな?スーパー特売で買って、味付けして出してみる。誰かやってみません?(爆)

なんにしろ道内に住んでいるなら自分で作ったほうが安上がりで美味しそうです。

2006年9月16日 (土)

ハタハタ

ハタハタ

秋が深まってくるにつれてまたまた美味しそうな魚が出てきました。ハタハタです。
今はまだ道内物は釧路・広尾の道東太平洋側が中心で型も小振り(手のひらサイズ)が中心です。
飯寿しにはちょうどよいサイズですが、漬けるにはちょっと早いかな。

これからぐっと冷え込んで、鮭のシーズンがおわる頃になると日本海側もとれはじめ、焼いても美味しそうなハタハタが出回ります。

2006年9月15日 (金)

松茸

松茸

「香り松茸、味しめじ」
秋の味の超代表松茸です。なんと北海道産。オホーツクのほうで採れるそうです。私は本州でしか採れないと思っていました。

最初の格言?通り香が本当に良いです。まるで森林浴でもしているよう。どこかのメーカーのお吸物しか私は知らなかったのですが、自然の物はやっぱり違いますね。

値段を一応書いておきますね。手のひらぐらいの大きさが5本入って3万円。本州の本場物比べると安いのかな?それでも手が出ないですけどね。

2006年9月14日 (木)

ケイジ

ケイジ

鮭の漁が最盛期の今、たった1本幻とも言われる鮭がありました。ケイジと言う魚です。漢字では鮭児と言う当て字が使われています。

当て字の通り鮭の子供でたまたま日本近海が回遊コースになっていて偶然網の中に入ってしまうと言うのが通説です。ほかにもイトウやニジマスの海降型ではないかという説まであります。(海降型とは説明面倒なのでネットを検索してみてください。)その確率が鮭1万〜4万匹に1本と言われています。

味はどうなんでしょうかね。食べたことがないので何とも言えませんが、トキシラズより臭みがなく脂も乗っていてそれでいて身が締まっている、って感じだと想像しています。

値段は目玉が飛び出るくらい高いです。2.4キロ、約2万円でした。生態的にも味的にも興味がつきない魚です。ちなみに私は他の鮭とあまり見分けがつきません。(^o^;

2006年9月12日 (火)

展示会

展示会

今日は水産物のほうで主に加工品の展示会をやっていました。展示会は毎年春と秋、年2回行われます。秋の展示会はお歳暮や年末年始商品の提案を見越した商品体系になっています。
まぁ市場の中は普段から展示会場みたいに商品が並んでいますが、更に各メーカーの新商品が並べられています。スーパー等に並んでいる魚介類の加工品はほぼすべてみることができます。

この展示会の主催はカネシメ高橋水産と丸水札幌中央水産と言う市場の元卸業者。といってもよくわからないと思いますが、簡単に言っちゃうとヤフーオークションと楽天を合体させたような機能をもつのが市場の元卸業者です。ここに出品するのが各メーカーや生産者、ここから買える資格があるのが仲卸業者、そこから買うのが我々小売店の仕入業者とと言うのが主な商品の流れです。

最近よく産地直送でこの元卸と仲卸のマージンをカットして安くできましたとか言う話を聞きますが、すべてがそんなわけではありません。やはり余分に捕れたものはセリ(オークション)
では安くなるし、何より流通機能が集中している市場では運送代金が破格に違います。加工品にしてもメーカーが予想していたよりも売れなかった場合とか安売りをかけやすいのも市場の特徴。更に新製品の反応をみるのも最適みたいです。また中間マージンにしても市場法という法律があるため楽天みたく突然あげることもできません。
やはり市場とは改めてよくできた機能だと感心させられます。

ちなみに青果にも元卸業者は2社ありますがこちらでは展示会とかはないようです。水産物と農産物ではこういうところで性格が違うようです。

2006年9月11日 (月)

さつまいも

さつまいも

秋から冬の食物としてはずせないのがさつまいもでしょう。
でも北海道産というのは市場では見かけません。今日みたのはすべて茨木産です。品種は紅あずまだけ。どこでも採れそうな気がするんですけどね。まだ早いのかな。

私はさつまいもはてんぷらが好きかな。焼き芋だとほくほくよりしっとり系のほうが食べやすくて好きです。

ところで焼き芋売りってきたことあります?札幌の焼き芋売りってあの声は言わないかのが多いですね。代わりに超音波みたいなピーって音がなるやつがきます。はっきりいってうるさい。あれって全国的なんでしょうかね?

2006年9月 9日 (土)

ごぼう

ごぼう

今日はごぼうです。写真は芽室産。

あまり主役となるほどメジャーな存在ではないですが、力強い大地の味がしっかりと伝わってきます。

ごぼうの料理といえば金平ごぼうが一番に思いつきますが、私はスライスしたごぼうを入れた醤油ベースの鍋が、ごぼうのだしがしみでて大変美味しく感じます。これから寒くなるにつれて楽しみな食べ方です。

2006年9月 8日 (金)

名前対決2

名前対決2

今日は水産物からの名前対決です。物は秋鮭。
日高産「銀聖」と雄武産「雄宝」です。日高の物は名前の通り見事な銀ピカの魚体が特徴です。対する雄武は黒光りの魚体が特徴です。

鮭は消費が一時期極端に落ち込み、値段がつかないくらい安くなりました。そこで良いものを選別して付加価値を付けようとしてネーミングを付けたのが始まりです。それが「銀聖」。この試みが成功したので、その後を追随するように名前を付けるようになってきました。

味は日高のほうが脂が乗っているかな。でも雄武のほうは身が締まっている感じ。甲乙付けがたいです。でも今日一番美味しそうだったのはポスターがないから写していないですけど、青光りが特徴の知床産「極銀」でした。

2006年9月 7日 (木)

名前対決

名前対決

今日は久々に名前がおもしろいシリーズ・ネギ編。
南幌の「ねぎしゃん」対長沼の「ゆきっこ」。どちらも美味しいネギです。

名前を考えるのは良いですけど、キャラクターはなんとかならないかな。ねぎしゃんは熊が鴨とネギをもっている。「鴨ネギ」ってこと?でも鴨は産地ではないでしょう?
ゆきっこはみたまんまカー〇おじさん?
どちらももう少し考えましょう。

それともう一つ。スーパーに並ぶとせっかくの名前が表に出てこない。消費者には何もメッセージが届いていないです。これじゃ生産者の自己満足。たとえばQRコードを付けて生産状況にアクセスできるとか、もう一度すべてを見なおすことをお薦めします。

2006年9月 5日 (火)

栗

今日は朝から冷たい雨が降っている札幌です。9月に入って一気に秋が到来したという感じです。

今日は秋の食物の代表、栗です。ざんねんながら北海道産ではありません。茨木産です。もちろん北海道でも栗の木をよく見かけますが商品ベースになることはないみたいです。

さて味ですがこれが旨い。生の栗のゆでたては本当に自然な栗の味が広がります。
でも皮を剥くのは結構大変。更にいくら選別されているとはいえ、虫食いやら実がぴっちり入っていないこともしばしば。
何でもそうだとは思いますけど、美味しい物を食べるのは苦労も必要です。

2006年9月 4日 (月)

レッドキャベツ

レッドキャベツ

今年の野菜は本州の天候によって左右され、かなりの高値までつきましたが、最近は安定しています。

そんな値段の変動をよそに、写真のレッドキャベツが毎日少しだけ入荷されています。札幌産とだけかかれているだけでどの地方かもわかりません。しかもセリにかけられる訳でもなく、完全予約制みたいです。だから値段も書いてありません。
よく見かける食べ方は洋食屋さんのサラダですかね。

特に騒がれる訳でもなくひっそりと取引される、そんな印象の野菜です。

2006年9月 2日 (土)

洋梨

洋梨

秋の味覚の一つではずせないのが梨。でも有名な幸水、豊水、二十世紀などはすべて本州産です。

北海道にも美味しく梨がないものかと思い、見つけたのが余市産プレコースという洋梨です。特徴は形と食感。形はみてのとおり丸くはありません。食感はなんといったら良いか・・・くちゅくちゅって感じかな。私は結構好きですね。大きさも食べ切りサイズだし。

たまには地物の梨でもどうですか。

2006年9月 1日 (金)

粒うに

粒うに

ウニは夏の最盛期に産卵をするためもうこの時期はほぼ旬が過ぎ去った食物です。今年のウニは量は多くなかったのですが房が大きくなかなか食べごたえがありました。その分値段があまり下がらなかったんですけどね。

さてウニはほとんどが生で食べられちゃいますが、題名のように粒うにとか塩うにとして長期保存できるようにした高級珍味があります。写真は浜益産、白うにを使った粒うにです。200グラムで3600円。超高級品です。

粒うにの安く出回っているのはほぼ外国産、特に北朝鮮産が多く、塩がきついだけでうにの味はほとんどありません。それに比べると房も大きくみるからにうにの味が漂ってきそう。

秋の夜長にはこれをつまみに日本酒をちびりとやりたいものです。でも高くて私は今だに実現できていません。

余談ですが白うにとは蝦夷紫うにと言う種類。あっさりとした味わいが特徴です。もう一つは赤うにと呼ばれる蝦夷バフンうに。ツブは小さいのですが濃厚な甘味があるうにで白うに より高値で取引されていて、国内ではほとんど粒うに加工されることはないですし、もしあってもとても手にすることが出来ない値段でしょう。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

facebook

  • facebookページ
    facebookに登録している方はこちらのページを「いいね!」すると便利だと思われます。

北海道食材検索

アクセスアップリンク

無料ブログはココログ