google

コンテンツ

最近のトラックバック

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

岡山・桃とぶどう

岡山・桃とぶどう

今日は岡山の桃とぶどうのキャンペーンをやっていました。もちろん試食を付き。(^^)v

桃は清水白桃と言う品種。皮が白いのが特徴らしいです。食べてみるとあっさりとした甘味で食べやすいです。
ぶどうは種なしニューピオーネ。こちらもあっさりとした甘味。本当に種がまったく無いです。今までの種なしぶどうと言っても若干種を感じたりしたのが、まったくありません。

なによりもきれいな女性に切ってもらったりしたら余計に美味しく感じる?今日はラッキー!て感じ。毎日あってもいいな、こういうの(爆)

2006年7月29日 (土)

ヘラガニ

ヘラガニ

北海道で有名な蟹と言えば毛蟹にタラバに花咲などを思い浮べるでしょう。(タラバは正確にはやどかりらしいのですけど)

そんな中、夏になるととれだすのが写真のヘラガニ。全国的にとれるのらしいのですが、シーラと一緒で暖かい海流にのって積丹辺りでとれます。

あまり大きくなる蟹ではなく、写真のサイズで手のひらより若干小さい。更に写真の物はすでに産卵状態でお腹に卵がでてしまっています。こうなってしまうとさすがに美味しくないです。

もともと食べるところも少ないので、卵がでる前の物を選んで、蟹鍋が一番良い食べ方ではないかな。

2006年7月28日 (金)

大浜みやこかぼちゃ

大浜みやこかぼちゃ

今日は大浜みやこかぼちゃの初競りがありました。
大浜は札幌と銭函の境目、ドリームビーチ辺りを指す昔ながらの呼び方です。

この辺のかぼちゃは適度に潮風があたり甘味が増すと言われています。今年は天候不順で1週間ほど生育が遅れたそうです。

報道陣や人混みを掻き分けなんとか写しました。かぼちゃがアップにならなかったのがちょっと残念。

値段は10キロ5玉で7万円。メロンに比べると地味ですが、私はこれで北海道の短い夏の始まりを感じたりします。

2006年7月27日 (木)

シーラ

シーラ

夏になると暖かい海流にのって南方の魚が北海道近辺でもとれたりします。この前紹介したマンボウも釧路沖で泳いでいるのが目撃されました。
今日写したシーラと言う魚もそういう魚です。

どちらかというと日本海側の暖かい海流にのって、積丹沖ぐらいで捕れるのが一番多いかな。写真のは噴火湾で捕れたもので、太平洋の海流にのって来たのでしょうか。

釣り人には手応えが有り、昔から人気が高いのですが、食べるとなるといまいち人気が無い魚です。だから値段もかなり安いです。1キロ180円。キロ値段では今日の市場の中でも最安値の方でしょう。

食べるにはバター焼きが一般的みたいです。

2006年7月25日 (火)

ミニトマト

ミニトマト

春の終わりぐらいから出回っている道内産トマト。今がまさに最盛期と言った感じです。

写真は余市産ミニトマト。名前がおもしろい。「ひかるちゃん」だって。
ホントよく考えますよね。トマトにはぴったりと言った感じです。

昨日に続き、ネーミングがおもしろいシリーズでした。ほかにも色々おもしろいネーミングがあるので今度まとめてみようかな?

2006年7月24日 (月)

ゴジラのたまご

ゴジラのたまご

月形名産ゴジラのたまご。もちろん本当のたまごではありません(爆)。たまご型のスイカです。

非常に大きくなる品種らしいです。
写真に写したので13キロ、大きいものでは20キロをこえることもしばしば。味は甘いには甘いけど、食感がちょっともそもそする感じかな。
値段は形の良い大きいものは確かに高いけど、そのほかは普通のスイカに毛が生えた程度。重さを考えると割安かも知れません。でも普通の家庭では大きすぎますね。

ところでゴジラってたまごからうまれるの?

2006年7月22日 (土)

南陽さくらんぼ

南陽さくらんぼ

今年はとうとう道内で盗難がおきたさくらんぼも終わりの時期にさしかかろうとしています。

その中でただならぬオーラを発していた仁木産南陽さくらんぼ。大きさはピンポン玉を若干小さくしたぐらい。色合も熟した赤色がきれいに揃っています。値段ももちろん最高級、1パック500グラムかな?が3000円。

これなら盗む人の気持ちなんとなくわかるような気がします。

7月24日 http://blog.livedoor.jp/cushion1012/archives/50588405.html にトラックバック

2006年7月21日 (金)

枝豆

枝豆

札幌の大通公園では、夏の名物、ビアガーデンが始まります。外で飲むビールなんとなく美味しく感じますよね。

ビールのおつまみと言えばやっぱり定番なのが枝豆。枝豆には炭酸ガスを吸収する働きがあり、お腹が膨れる感じを押さえる効果があるとか。理にかなったビールのおつまみらしいです。

産地は群馬が有名らしいのですが、今の時期の道内物は函館・七飯さんが出ています。ツブかちょっと小さいかな。

「とりあえずビールと枝豆!」は居酒屋での永遠の合い言葉!?

2006年7月20日 (木)

うなぎ

うなぎ

7月23日、日曜日は土用の丑の日。そう、平賀源内が言い始めた夏バテ対策、鰻を食べる日です。
明日、明後日には生の鰻が札幌の市場にも大量に入ってくるでしょう。

でも、スーパー等で一般的なのは写真のように加工されてタレまで着いている、温めればいいだけのもの。
もちろん安いものは中国産。写真に写したのは愛知産の養殖、箱の値段では中国産の倍値段ですけど国内産は小さめなので、一切れの値段では300円ぐらいの差になると思います。

味は食べ比べたことが無いのでなんとも言えませんが、このままだとタレが少ないので「つゆだく」が好きな方は別に蒲焼のタレを加えることをお薦めします。

2006年7月18日 (火)

旨えびキムチ

旨えびキムチ

札幌市保健所では今日まで食中毒警報発令中。今更と言う気もしますが、この暑い期間を乗り切った食材を使うときは十分に注意しましょう。

さて、今日はこういう時期にこそぴったりの食物、キムチです。
なんばんにはかなりの殺菌作用があります。また、野菜を効率的にバランス良くとれます。

写真のキムチは旨えびと言うことで、水産物のほうで売っていました。試食を食べてみましたが、私には旨えびの味はわかりませんでした。(^o^;

2006年7月15日 (土)

しその木

しその木

今日の市場は連休前と言うこともあり活気にあふれています。その割には全体的に物が少ないような感じで値段も高め。

そんな中見つけたのが南空知産しその木。立派に育ってぱりぱりとしたしその葉がついています。
梅漬けなどで色合いを出すために使われるのが普通だと思いますが、料理に使った方います?

2006年7月14日 (金)

ブロッコリー

ブロッコリー

道内産ブロッコリーが豊作のようです。
伊達に洞爺、石狩に札幌。とにかくどっさり。

値段ももちろん安め。写真に写した20玉入り1500円。これでも高いほう。もっと小さい玉だったら小売りで100円ぐらいになるでしょう。

ただ温度か高いとダメになるのも早いようです。そのため発泡の箱に氷を入れて出荷されていますが、気温の高いこの時期は氷もセリが終わる頃には溶けていて、鮮度を保つのに大変そうです。

2006年7月13日 (木)

道内産新じゃが

道内産新じゃが

今まで新じゃがと言ってもメインは本州。でもようやく道内産の新じゃががでてきました。
産地は伊達が中心。そんな中に札幌、新琴似・新川のじゃがいももありました。
値段が平均に比べるとちょっと安め。美味しいと思うんだけど、やはり札幌では排気ガスなど空気が悪いせいですかね。なんか残念。

食べ方はやはりじゃがバター?最近はやりのイカ塩辛ぞえ?それともノーマルに塩のみ?もうなんにしても美味しいですね。

2006年7月11日 (火)

初さんま

初さんま

この間本州のさんまをアップしましたが、今日釧路・根室・厚岸のさんまの初入荷となりました。
のぼりをたてたりカメラが来たりで、ここのところちょっと元気がなかった水産物に活気が戻ってきた感じです。

本州の物とは違いやはり脂はのっています。それでも旬の秋に比べるといまひとつ物足りなく見えます。それに身がやわらかいせいか傷ものがすこし多いかな。最近は刺身がはやりのようですが、それにはちょっと厳しい感じです。
値段もやはり初物、秋の3倍くらいはしています。

暑い夏がすぎ、南に移動をはじめないとやはり美味しいさんまにはならないし、値段も下がってこないでしょう。

2006年7月10日 (月)

カリフラワー

カリフラワー

今日、市場を歩いていて目に飛び込んできたのは、十勝岳山麓しらきやま産のカリフラワー。もうホントどっさりって感じで積んでありました。
値段も一箱6株入り400円切れるぐらい。多分ほぼ底値だと思います。

茹でてまだちょっと温かいぐらいでマヨネーズたっぷりでがぶりつく。そしてビールをぐびぐびと・・・。
たまにはそんな食べ方もありですね。

2006年7月 8日 (土)

ぐすべり

ぐすべり

チ・ヨ・コ・レ・イ・ト、パ・イ・ナ・ツ・プ・ル、と続いたあとは何を思い浮べます?
私はグスベリ。
子供の頃こういう遊びをしていましたが、実際にグスベリを見たのは市場に来てからです。

写真は小樽産。この時期が最盛期の様で毎日10箱ぐらいがでてきます。
私が食べてみたときは、酸味が強くあまり美味しいとは感じませんでした。
「ベリ」と名前がついているところを考えると、ストロベリー、ブルーベリー系と考えられるので、ジャムにするといけるかな。

2006年7月 7日 (金)

白いとうきび

白いとうきび

少し良い天気が続いた北海道ですが、まだまだ日照不足ぎみのようです。太陽が必要な作物にいまひとつ元気がありません。
とうきびもそのひとつです。道内産の出荷量が少なめです。

そんな中目に飛び込んできたのは栗山産の白いとうきび。ビュアホワイトと言う品種です。

珍しいから撮ってみましたけど、味はどうなんでしょうね。
アスパラと違い品種が明確に違うから多分、普通のとうきびとさほど変わらないとは思います。
いや、値段が1本300円もするのを考えると、もっと甘く美味しいのかもしれません。

2006年7月 6日 (木)

ウー!

ウー!

白い切り身の物体、なんだと思います?

なんとマンボウ。ウー!
♯ウー!ってつけたくなるのは私だけかな(^o^;

どうやって食べるのか聞いたところ、刺身でいけるとのこと。うえの方に見える肝をつけて食べるのだとか。
皮はぎみたいなものなのかな。

北海道産ではありません。岩手だそうです。さすが三陸沖。

2006年7月 4日 (火)

なんばん

なんばん

余市産のなんばんです。箱に激辛と書いてあります。
まぁ、最近のなんばんなんて辛くてもたかだか知れているだろうと買って食べてみました。

ところがどっこい、辛いの何の。
口のまわりは痺れるし、汗もどっとでてきます。
それでも箸がとまらない。口の中の辛さが収まるとまた食べたくなります。

暑い時に辛いもの。ときどきむしょうに食べたくなりますね。

2006年7月 3日 (月)

ズッキーニ

ズッキーニ

最近はおしゃれ?な食物も盛んに栽培されているようですね。

写真のズッキーニ、出荷元をみると新琴似。
新琴似ぃ〜?札幌の?だってあそこは住宅街で畑なんて見ないよ。

もう一度よくみると新琴似支所。
と言うことは農協の新琴似と言うことかな。それなら新川辺りも入るかな。だったら納得。あの辺は畑も結構見かけるからね。

食物はやっぱり地産地消でしょう。
ところでズッキーニってどうやって食べるの?(^o^;

2006年7月 1日 (土)

ジャンボししとう

ジャンボししとう

札幌もようやく夏の気候に突入した様で、気持ちの良い天気がつづくようになりました。
このような天気には外でバーベキューでもやりたい気分。

ところでバーベキューにはどんな野菜を入れます?
青物の定番ならピーマンやキャベツでしょうか。
たまには写真のようなししとうなんてどうでしょう。

それにしても大きいですね。今日から値上がりしたタバコを横においてパチリとしてみました。茨城産だそうです。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

facebook

  • facebookページ
    facebookに登録している方はこちらのページを「いいね!」すると便利だと思われます。

北海道食材検索

アクセスアップリンク

無料ブログはココログ